IKK

IKK

インターンシップ 新卒採用 IKKヒストリー IKKヒストリー IKKヒストリー 新卒採用 Instagram フェイスブック

STAFF VOICE 私たちが出会ったチャンス

プロデューサー 2018年 新卒入社 安藤 友香 プロデューサー 2018年 新卒入社 安藤 友香
SP背景

採用と現場のギャップがないと感じたIKKを迷わず選択。
その選択に間違いはなかったと心から感じています。

就職活動では、マスコミやベンチャー、IT、銀行など、多種多様な業界を受けていました。複数の企業から内定をいただきましたが、採用の場とリアルな仕事現場との温度感が違うと感じることも多くありました。それまでの経験の中で、人間関係のストレスが自分自身の最大のストレスになると考えていた私は、採用と現場のギャップがないと感じたIKKを迷わず選択。入社4年目の現在も、その選択に間違いはなかったと心から感じています。
SP背景
私たちが提供するのは、お客様の夢や希望をカタチにするパーソナルウエディングです。何をしたら喜ばれるだろうかと常に考えながら動いていますが、2年目はその情熱が空回り。焦りながらも先輩の真似をしてみるなど自分なりにもがいていた頃、「石原さんらしさを忘れないで」と先輩からアドバイスを受けました。そのアドバイスをきっかけに自分を見つめ直し、より良い提案をするためには、お客様をもっと深く知る必要があることに気づきました。
SP背景

結婚式までのさまざまな準備が
楽しみになるような存在になりたい。

幼い頃からお母様と離れて暮らす新婦様の結婚式を担当した時のことです。「結婚式を機に再会したいけれど、住所しか分からない」と悩まれている新婦様に、私からお母様宛に手紙を差し上げることを了承いただきました。しかしながら、お母様からのお返事はありません。結婚式当日の朝、上司に許可をもらいご自宅を訪ねたところ、前日まで留守にされていて手紙をお読みになっていないことが分かりました。結果として、お母様のメッセージを新婦様にお届けすることができ、とても喜んでいただくことができました。ずっと離れていたご縁を結ぶことができるのも結婚式ならではとあらためて実感し、また、お客様のためになることなら何があっても責任を取ると背中を押してくれる上司に感謝しました。以来、結婚式の重みをさらに強く感じています。
SP背景
私が心掛けているのは、新郎新婦様の応援団長になることです。私が担当させていただくことで、結婚式までのさまざまな準備が楽しみになるような存在になりたい。この人に出会えて良かったと思っていただけるプランナーになりたいです。
プランナー 2015年 新卒入社 SP背景
飲料サンプルを配る活動を通じて企業訪問を重ね、気になる企業の職場雰囲気をリサーチすると同時に、人を見る目を養い臨んだ就職活動では、人の魅力に惹かれてIKKに入社。「自分が担当するお客様は自分が幸せにしたい」と粘り強く取り組み、MVPに輝いた実績を持つ。