IKK

IKK

インターンシップ 新卒採用 IKKヒストリー IKKヒストリー IKKヒストリー 新卒採用 Instagram フェイスブック

STAFF VOICE 私たちが出会ったチャンス

プロデューサー 2018年 新卒入社 安藤 友香 プロデューサー 2018年 新卒入社 安藤 友香
SP背景

世界に挑戦しようとしている会社で
ゼロをイチにする仕事がしたい。

就職活動で重視していたのは、「いろいろなことに挑戦できる環境があること」「人生とリンクさせながら情熱を持ち働き続けられる仕事であること」「世界に挑戦する会社であること」という3つの軸でした。合同説明会で弊社の人事担当と出会いIKKを知った私。会社のビジョンや働く人たちの人柄に触れ、これから世界に挑戦しようとしている会社で、私もゼロをイチにする仕事がしたいと考えました。
SP背景
将来は海外拠点を任せられる人になりたいという自分のビジョンから逆算し、現場を知らなければ自分の言葉で式場の魅力を伝えられないとプランナーを志望しました。新入研修を終え、配属先に異動する直前、私のビジョンを知った上司から、「それならプロデューサーになった方がいいのでは」とアドバイスをいただき、急遽、配属先を変更することになりました。内定の頃から応援してくれたプランナーの先輩のためにも精一杯頑張ろうと心に誓いました。
SP背景

IKKの想いをしっかり受け継ぎ、
今度は私から後輩に伝えていきたい。

配属先が変わり、私の担当上司となった先輩と過ごした数カ月は、毎日が学びの連続でした。先輩の叱咤激励に何度も涙した私ですが、指導の内容は正しいことばかり。尊敬しかありませんでしたね。「この上司についていこう」と心に決めて頑張っていた矢先、担当上司の異動が決まりました。上司の異動前に何としてでもプロデューサーデビューを果たし、成長した姿を見てもらいたいと猛スピードでノウハウを学びました。
SP背景
念願のデビューが決まったのは異動の前日でした。翌朝、出社すると私が担当するお客様のためのウェルカムカードに、先輩方も一緒になってたくさんのメッセージを書き込んでくれていました。担当上司の声掛けにより準備してもらえたものだと知り、“これはもう頑張るしかない”という感謝の気持ちでいっぱいになったのと同時に、皆さんの想いと共にお客様に最大限のご提案をしようと気持ちが引き締まる思いでした。入社1年目の今は、新しい担当上司や周囲の先輩からIKKの想いをしっかり受け継ぎ、今度は私から後輩に伝えていきたいと思っています。
プロデューサー 2018年 新卒入社 SP背景
幼少期は水泳、空手、ピアノを習い、中高ではソフトボール部のキャプテンとしてチームをマネジメント。「やると決めたことは最後までやり遂げる」「与えられた勝負に勝つ(自分に勝つ)」という父親の教えを大切に、何事も一生懸命に取り組む姿勢が高い評価を集めている。