IKK

IKK

マイページ 新卒採用 IKKヒストリー IKKヒストリー IKKヒストリー 新卒採用 Instagram フェイスブック

STAFF VOICE 私たちが出会ったチャンス

営業企画部人事課長 2006年入社 山際 翔太朗 営業企画部人事課長 2006年入社 山際 翔太朗
SP背景

人の可能性は無限大であるというIKK哲学のもと、
創業100年を前に、200年、300年と続く企業のあるべきを創造する

会社説明会でそれまでの人生の常識を超えるような社長と出会い、その熱量と迫力に惹かれて入社しました。プロデューサーを経て、入社2年目から支配人へ。数店舗を管轄した後、29歳で人事責任者に就任。当時は会社の成長ステージが変わる重要な時期であり、人事部門の再構築が課題でした。採用、教育研修、人事制度はもちろん、社員のポテンシャルを発揮できる仕掛けづくり、仕組みづくりが私に課せられたミッションでしたね。
SP背景
VISIONを実現するには多くの同志が必要であると採用を会社の最重点課題にした結果、周囲から高い評価をいただき、現在は次のステージに向けて戦略人事の強化に取り組んでいるところです。今最も力を注ぐのは、IKKカレッジの創設。教育制度を抜本的に見直し、一人ひとりが何をめざし、人生をどう生きていくのか。そのために何が必要であるのか、各論を整理しながら進めています。必修、選抜、選択型のプログラムは、IKKの行動指針「自立」を実現化するものであり、それぞれの挑戦したい思いを加速できる制度にしたいと考えています。
SP背景

成長の鍵は“60点主義”ポリシー。
多くの機会を得て、経験を蓄積することで成長を加速。

IKKは、創業者や経営陣の人財に対する想いと投資が大きい会社です。過去の経験から、経営は人づくりだと定義。100点でなくても60点までできるならチャンスを与えようという“信じて任せる”というポリシーのもと、人に惜しみなく機会を与え、投資をしてきたことで、小さな町から一部上場企業へと成長できました。研修はあくまでも補完ツール。入社1年目から活躍の場を与え、経験を蓄積することでスピーディーな会社の成長につなげています。
SP背景
また、IKKは現在地から未来を描くのではなく、なりたい未来を描いてどうすべきかを常に考えながら成長してきた会社でもあります。2035年には、既存事業部を柱としながら新しい分野で世界企業をつくり、社会から必要とされる会社になろうとビジョンを掲げる当社の課題は、常に人財だと捉えています。現状のままでは難しくても、人財が成長してさらにビジョンを共にする同志が集まれば、必ず実現できると確信しています。
営業企画部人事課長 2006年 新卒入社 SP背景
高校時代は愛媛県の名門校で100名以上の部員をまとめる主将を務めていた。入社2年目で支配人(24歳で支配人となる最年少記録を保持)に抜擢され、29歳で人事部門の責任者へ。会社の成長ステージが変わる激動の時代に人事の再構築に従事。組織内における様々な改革に着手するとともに、採用の仕組みも抜本的に改革し就職人気企業ランキング上位の地位を確立。現在は2019年4月に開校する社内大学「IKKカレッジ」の立ち上げ責任者として全社を巻き込み、奮闘中。