IKK

IKK

マイページ 新卒採用 IKKヒストリー IKKヒストリー IKKヒストリー 新卒採用 Instagram フェイスブック

STAFF VOICE 私たちが出会ったチャンス

20代で託された株式上場。海外事業開発部執行役員 2004年 新卒入社 森田 康寛 20代で託された株式上場。海外事業開発部執行役員 2004年 新卒入社 森田 康寛
SP背景

IKKが未来で成長を描くための海外進出に
人財に時間と労力を費やし、5スターの高評価を獲得。

日本国内において地方から都会へと市場を拡げる当社ですが、10年後、20年後を見据えると、少子化や結婚式実施率の低下は避けられません。IKKが未来で成長するためにも、ウエディング事業で海外に出るのは必須の選択でした。インドネシアだけではなく、その他のアジアの各国のマーケットを調べ、行政とのやり取り、場所の選定を行った。特に時間と労力を投資したのが、現地採用のスタッフと日本の各支店に配属して 理念を共有することです。ウエディングは〝カタチ″のない商品ですので、〝モノ″を売るのではなく〝コト″を売らないといけません。それだけに当社の理念を学ぶだけではなく、理念を体感して頂くことが大切だと思いました。そして、2017年2月、海外第1号店のオープンを迎えました。
SP背景
“ジャパンクオリティ”とも言われる当社のウエディングは、インドネシアで高い評価を集めています。オープンから約1年間に現地Wedding専門サイトで5スター評価を70件以上獲得。個人事業主が多い中、会社規模でチームを組むIKKに信頼を寄せる人も増えています。価格帯は中間以上のハイクラスとなりますが、約1000名が一堂に会することも多いインドネシアのウエディングで、新郎新婦だけではなく、ゲストにも満足いただけるサービスの質にこだわりファン層を拡大しています。
SP背景

異文化の壁を超えて感動や満足を生み、
利益を創出する喜びを実感。

ゼロから会社を創り上げる海外事業は、その国で事業を営む許可を受けるところからスタートします。人を採用し、ビジネスのオペレーションを考えるなど、すべてを自分たちで考え、決断していくわけですが、時には異文化や考え方の相違に苦い経験をすることもあります。そこで諦めることなく施策を講じ、乗り越えることが仕事のやりがいに結びついていますね。結果を出すために試行錯誤を繰り返し、チームでお客さまに感動や満足を提供し、その結果として利益を創出する喜びを実感することができました。
SP背景
今後は、国全体が成長段階にあるインドネシアで店舗展開を進め、同国で認められ、地域に貢献する企業へと成長していくと同時に、スタッフを幸せにしたい、IKKで働くことを誇りに思える会社にしたいという思いがあります。いずれは、同国での上場を見据えています。とはいえ、インドネシアは海外進出のファーストステップ。次の国にターゲットを定め、さらなる海外進出を実現したいです。
PT IKK INDONESIA 取締役 2004年 新卒入社 SP背景
プロデューサーを経て、本部へ異動。その後、金沢・富山で支配人を務め、2009年に再び本部に戻り、株式上場の立役者となる。「入社時は、自分自身が上場に関わるとも、海外で仕事するとも思いませんでした。当時の想像をはるかに超えたところで仕事できています」と本人談。