PARTY REPORT

Keita&Rina

“Shall we dance?”

Keita&Rina

Photo Album

STORY結婚式までの軌跡

“Shall we dance?”
“Shall we dance?”
社交ダンスで出逢われたおふたり。
プレジールの上質でシックな雰囲気を
気に入ってくださった
とってもジェントルなおふたりです。

一生に一度の大切な日にお集まりいただく皆様は
特別な想いがある方々ばかり。

伝えたいのは感謝と希望。
『 今までありがとう 』
そして
『 これからもよろしくお願いします 』
おふたりが一番悩んだのは
社交ダンスのためだけにならない会場づくり。

ゲストに楽しんでいただけることをいちばんに
何度も会場に足を運んで確認くださいました。

当日ゲストが会場にはいると
テーブル席が並ぶ中心に準備されているのは
ゲスト紹介ブース。

おふたりにとって
どんな風に大切なゲストの方々なのかを
各テーブルごとにご紹介させていただいた
そのブースにはゲストの笑顔が溢れます。

おふたりの中座中には紹介ブースとメイン席を移動し
中心を大きく開けて、
社交ダンススペースをつくりました。
音楽が鳴り出したと思ったら
新郎新婦のおふたりは
それぞれ逆のガーデンからご登場!

ダンスを楽しんでいただいた後は
そこはデザートビュッフェコーナーに!

流れるように色が変っていく会場に
ゲストの皆様も驚きと喜びの表情が
たくさん広がる時間になりました。

POINT私たちのこだわり

MESSAGEプランナーからのメッセージ

担当プランナー:下之薗祐美
担当プランナー:下之薗祐美
啓太さん吏菜さん、この度は誠におめでとうございました!
お会いするたびに背筋がピンと張るような上品なおふたり。きちんとするところはしっかりして、あとはリラックスをして過ごしていただけるような式にしたいと、いつもゲストのことを一番に考えてくださいましたね!何事も熱心で努力されるおふたりのお手伝いをするのは私もより一層力がはいりました。当日は、天候のこともあり、全員来れるかが不安な中迎えましたが、「入場した瞬間、来れないかもしれないと覚悟していたたくさんのゲストの顔が見えて、それだけで泣きそうでした」と語る啓太さんにもらい泣き。ゲストに囲まれた中心で踊るおふたりをみただけでぐっと胸にこみ上げてくるものがありました。コーディネートもはじめての試みでしたが、おふたりの素敵な想いがしっかりゲストに伝わっていれば何よりです。
スタッフ一同も、社交ダンスに、人との絆に、感動させられた一日になりました。
本当にありがとうございました!
PAGE TOP